トップ | センターの理念 | 組織図 | 活動 | 研究員紹介 | 出版物 | 問合せ・所在地 | リンク

センターの活動

愛大たたら(古代製鉄復元実験)の実施および愛大たたらスタッフ募集のお知らせ

 現在愛媛大学東アジア古代鉄文化研究センターでは『失われゆくたたら製鉄技術・銑押し法の復元的研究』を推進していますが、その一環として、日本古代の製鉄炉を復元し、 操業実験を実施します。今回の実験も、わが国におけるたたらの無形文化財で、現代の名工である木原 明村下に直接ご指導をいただきながら進めていきます。 木原村下は当センターの客員教授でもあります。
 今から7年前、2004年にも一度、大学構内で実施し、大きな研究成果を得たのと同時に、多くの市民のみなさまにもごらんいただき反響がありました。またその後は今治市の高橋・ 佐夜ノ谷遺跡で発見された古代の炉に基づき、 復元実験を行いこちらも同様の成果と反響を得ました。いずれの実験もマスコミで大々的に報じていただき、多くのみなさまに感心を持っていただきました。
  実験は、愛媛大学構内で実施し、見学は自由です。また製鉄炉の築造や実験そのものにスタッフとして参加することもできます。その際は、一度センターまでご連絡いただき、 説明会を受けていただきたいと思います。下記の住所あるいはメールアドレスまでご連絡くださいませ。 皆さんのご参加をお待ちしております。

製鉄実験実施日 2011年10月8日(土)  
実験準備期間  2011年10月1日(土)〜7日(金)
実験参加者への説明会 2011年9月26日(月)18:30 愛媛大学ミューズ
実験会場    愛媛大学城北キャンパス 
連絡先 〒790-8577 愛媛県松山市文京町3番東アジア古代鉄文化研究センター
E−mail : kotetsu@stu.ehime-u.ac.jp(愛大たたらスタッフ希望と添えて下さい)
連絡締め切り:9月23日まで

      
佐夜ノ谷製鉄炉復元 復元実験
佐夜ノ谷製鉄炉復元 復元実験

      
製鉄実験の模様 製鉄実験の模様
製鉄実験の模様 製鉄実験の模様

「センターの活動」目次に戻る