Access counts: [an error occurred while processing this directive] (Since 2005.12.21)
共同研究

共同研究とは,民間企業等から研究者や研究経費を大学に受け入れて共同で,または分担して研究を行うものです。この制度の大きな利点は,大学の持つ人的資源や研究開発能力を有効に活用できる点にあります。共同研究のテーマは,民間企業等からの申込に基づき双方が協議して共通の課題を設定することになります。

現在,民間企業のほか,他大学及び高等専門学校,各種財団,国公立研究機関,地方公共団体並びに外国の大学・研究機関との共同研究が行われており,年々増加傾向にあります。


共同研究のしくみ
契約書雛形
共同研究関係の規定

受託研究
受託研究関係の規定
受託研究契約書雛形

民間企業等から特定課題について委託を受けて大学の研究者が実施する研究で,研究に要する経費は委託者が負担することになります。その成果は,大学が委託者に報告することになっています。技術の高度化,IT化などによりその需要は年々高まっています。


間接経費について

間接経費は,当該研究の進捗管理等に必要となるばかりでなく,本学の研究環境の維持・改善に必要な経費となっており,共同研究や受託研究を通して社会貢献を行うためには,間接経費の確保が重要な課題となっております。

愛媛大学では光熱水料、ネットワーク等のインフラ、設備等の維持経費、事務の管理経費等に使用しています。

間接経費のご負担についてご理解,ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

○本学と共同研究及び受託研究を実施していただく場合の間接経費
・共同研究に係る間接経費:直接経費の10%相当額
間接経費についてのお願い
・受託研究に係る間接経費:直接経費の30%相当額
 ※ 共同事業の取扱は共同研究,受託事業の取扱は受託研究に準じます。

受託研究員
受託研究員規定

大学が民間企業等から研究者や技術者を受け入れ,「研究員」として大学院レベルの研究指導を行う「受託研究員制度」を設けています。


寄附
寄付金取扱規則
寄付講座及び寄附研究部門規程

民間企業等や篤志の皆様からの寄附には次のような種類があります。


(1)奨学寄附 学術研究の助成や教育研究の奨励のために個人または企業・団体からいただくもので,目的や学部・学科・研究者を指定することができます。
 
(2)寄附講座 民間からの寄附を有効に活用するため大学内に講座を設置し,教育研究の豊富化・活性化を図るものです。
 
(3)一般寄附金  一般の篤志の皆様からの寄附で,本学の学術研究資金,学生支援,環境整備などに広く活用させていただいています。

 愛媛大学 社会連携支援部 社会連携課 研究契約チーム
 (〒790-8577 松山市文京町3番)
 TEL : 089-927-8826
 FAX : 089-927-8820
 E-mail : sangaku@stu.ehime−u.ac.jp
共同研究の申し込みをご希望の企業・団体の方
は下の「共同研究申込書」をダウンロードされ、
必要事項をご記入の上、窓口までご送付下さい。
共同研究申込書: PDF形式 Word形式
SPAMメール対策のため,上記アドレスは全角文字です。お手数ですが, メールご送付の際には半角文字をご使用ください。