愛媛大学地域創成研究センターの部門と活動

 愛媛大学地域創成研究センターは、地域に関する研究および教育を行うことで,地域創成に関する学術研究の推進を図り,併せて地域社会の活性化と発展に貢献することを目的に設立されました。
 この目的を達成するために、2つの部門を設置し、具体的な地域創成に関する活動を展開しています。 その2つの部門と活動項目は、以下の通りです。

  • 学術文化創造部門
    • 地域の社会・歴史・文化などに関して、センター教員を中心とした共同研究に取り組んでいます。
    • 活動の中心は、重点研究の遂行、共同研究の推進と支援、プロムナード・コンサート・シリーズ、地域シンポジウムなどです。
    • 詳細は、学術文化創造部門のページをご覧ください。
  • 地域政策部門
    • 地域の政策立案のシンクタンク機能や、地域活性化のための各種の講座等の開設、地域創成のための人材養成に取り組んでいます。
    • 活動の中心は、地域の政策立案に関するシンクタンク機能、協定締結自治体等との連携事業への協力、まちなか大学、講座やシンポジウムの開催等です。
    • 詳細は、地域政策部門のページをご覧ください。