地域政策造部門の活動は、本ページ下の3つのカテゴリーに分類されます。

地域の政策立案に関するシンクタンク機能(シンクタンク機能)

  • 県内各市町村の依頼に応じて、行政の政策立案等にかかわる審議会等に委員を派遣します。
  • 集落調査や地域の将来ビジョン、行動計画の策定など、住民主体の地域づくりを支援します。

 当センターは、法律・経済をはじめ情報、環境問題など多彩な分野の研究者をスタッフとして擁しています。 また同センターが所属する社会連携推進機構の他センターおよび愛媛大学内の強力なネットワークから、最適な人材を選択し、派遣することが可能です。

地域貢献事業

 協定締結自治体等との連携事業への協力、まちなか大学、地域の資源や課題をテーマとした講座やシンポジウムの開催を行っています。

 経済産業省の補助金事業に取り組んでいます。詳しくはこちら

地域創成のための人材養成(人材養成)

 愛媛大学には、卒業後、地域で活動する人材を養成することを目指した「地域コース」「観光まちづくりコース」という特別コースが法文学部にあります。 地域創成研究センターでは、これらの2つのコース学生に対する教育指導に協力することを通じて、地域創成にための人材育成に取り組んでいます。
 また、自治体との共同・連携でリーダー人材養成セミナーの開催なども行っています。

・平成25年度地域づくり支援セミナー(今年度の申込みは終了しました。)