トップ | センターの理念 | 組織図 | 活動 | 研究員紹介 | 出版物 | 問合せ・所在地 | リンク
top


★ Events

○『東アジア古代鉄文化研究センター2016-2017パンフレット』(Click)


○(新規)第10回国際学術シンポジウム
「文明と金属器−普及とその過程−」の予告(Click)


日時:平成29年11月25日(土)13時開始
会場:愛媛大学 南加記念ホール
発表:
津本英利(古代オリエント博物館)「金属器の故郷アナトリア」 
足立拓朗(金沢大学)「古代イランにおける青銅器から鉄器への変遷」
山藤正敏(奈良文化財研究所)「レヴァントにおける金属器の導入とその背景」
河江肖剰(名古屋大学)「ギザのピラミッドの銅と鉄」
討論:
コーディネーター
村上恭通(愛媛大学)
畑守泰子(愛媛大学)


○(新規)海洋考古学会開催のご案内


主催:海洋考古学会
共催:上島町教育委員会、愛媛大学東アジア古代鉄文化研究センター、塩の会
日程:平成29年9月2日(土)・9月3日(日)
会場:愛媛県越智郡上島町せとうち交流館
【9月2日(土)】
開会・挨拶・趣旨説明 12:50
発表
 1. 13:00〜13:45 「近藤義郎氏の土器製塩研究−その端緒と展開−」
                大久保徹也(徳島文理大学)
 2. 13:45〜14:20 「但馬の製塩土器」 前岡恵美子(朝来市教育委員会)
(休憩14:20〜14:30)
 3. 14:30〜15:05 「北陸の土器製塩」 入江文敏(関西大学)
 4. 15:05〜15:40 「和歌山県の土器製塩」 梅木梨沙(田辺市教育委員会)
(休憩15:40〜15:50)
 5. 15:50〜16:25 「三重県の製塩について」 新名 強(三重県教育委員会)
 6. 16:25〜17:15 「上島町宮ノ浦遺跡での製塩活動」 槙林啓介・村上恭通(愛媛大学)
【9月3日(日)】
 7.  9:00〜 9:35 「愛知県の土器製塩」 早野浩二(愛知県埋蔵文化財センター)
 8.  9:35〜10:10 「天草式製塩土器について」 松本博幸(天草市観光文化部)
 9. 10:10〜10:45 「中国の塩業」 積山 洋(大阪文化財研究所)
(休憩 10:45〜11:00)
 10. 11:00〜12:20 意見交換
 11. 12:20 総評
閉会  12:30


○(終了)第23回アジア歴史講演会
「よみがえる紅河デルタの交趾郡治・ルイロウ―古代アジア文明の十字路を辿る―」のご案内(Click)


日時:平成29年7月22日(土)13:00〜15:00
会場:愛媛大学城北キャンパス メディアホール
講師:黄 暁芬(東亜大学)


○(終了)研究成果中間報告
「東寺領 新見荘の鉄・弓削嶋荘の塩」のご案内(Click)


日時:平成29年5月20日(土)13時開演(12時受付開始)、16時閉会
会場:正田公民館ホール(1階)
〒718-0013岡山県新見市正田(しょうでん)228
TEL/FAX 0867-72-0549
(バス)備北バス豊永行き正田下組停留所下車徒歩1分
(タクシー)新見駅より10分
報告:
村上恭通(愛媛大学)「新見市神郷油野所在三谷床畑遺跡と新見荘の鉄」 
槙林啓介(愛媛大学)「上島町宮ノ浦遺跡と弓削嶋荘の塩生産をめぐって」
鈴木康之(県立広島大学)「土器・陶磁器にみる荘園の物流と暮らし」


○(終了)四川大学・愛媛大学研究交流事業
「チベット・モンゴルの仏教と文化・言語」のご案内(Click)


日時:平成29年3月16日(木)16時開演 15時受付開始
場所:愛媛大学城北キャンパス 南加記念ホール
霍 巍(四川大学歴史文化学院院長)「チベット西部の仏教石窟美術」
樋口 康一(愛媛大学法文学部教授)「『法華経』モンゴル語版が物語ること:文明のはざまでモンゴル人はどう対処したのか?」





◎孫明助著『百済の鉄器文化』の案内(Click) 
在庫僅少(2017年4月現在)

top
★ Panphlet

『東アジア古代鉄文化研究センター2016-2017パンフレット』(Click)

『東アジア古代鉄文化研究センター2015-2016パンフレット』(Click)

『東アジア古代鉄文化研究センター2014-2015パンフレット』(Click)

『東アジア古代鉄文化研究センター2013-2014パンフレット』(Click) 

『東アジア古代鉄文化研究センター2012-2013パンフレット』(Click) 


★ Other Events (Click)

top
新着情報