トップ | センターの理念 | 組織図 | 活動 | 研究員紹介 | 出版物 | 問合せ・所在地 | リンク

センターの活動

32.第7回 アジア歴史講演会  
『ローマ帝国からインカ帝国まで―地中レーダーが明らかにする考古学の世界―』
の開催2010年10月9日(土)

物理学的な手法で遺跡を事前に探査する地中レーダー探査法(Ground Rader Penetration)は、近年その技術がめざましく 発展し、世界的に普及しています。中でもディーン・グッドマン(Dean Goodman)先生の開発した解析ソフトを用いた探査は、 イングランド・ローマ・南米エクアドルなどの調査において、多大な効果を発揮し、その成果がたいへん高く評価されています。

 世界中を駆け巡るディーン先生は日本でも精力的に活動されており、AICの客員研究員として、中国・モンゴルなど東アジアに おける発掘調査にもご尽力いただいています。

今回の講演ではディーン先生により、地中レーダー探査の原理と世界各地での調査成果をご講演いただきました。


講演の様子 講演の様子
講演の様子 講演の様子


「センターの活動」目次に戻る